読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナダ トレッキング紀行

カナディアンロッキーで日本語ハイキングツアーを主宰する、個人ガイドの田中です。ツアーの様子や日々の遊びの記録。 http://www.ilovewintergreen.com/ お気軽にお問い合わせください

これぞ田中の求める嬉しい関係性!


昨日書いたブログに、「名札」は名前だけじゃーなくて、
もっとメッセージを って いう内容で書いたら、
早速、反応がありましたよ。

「カナディアンロッキーの会」の初年度、関東地区幹事、
その後もいつも影から支えてくれてる岡田夫妻の寛子さんからの反応が。
f:id:ilovewintergreen:20141221173005j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150906215041j:plain



おはようございます、『遥かカナダ(彼方)を "身近なカナダ" に
Wintergreen の田中です。 http://www.ilovewintergreen.com/



メッセージ入りの名札 「ロッキーの会 編」

岡田寛子さんが毎年、作ってくれる名札を、
f:id:ilovewintergreen:20141221173004j:plain


昨日のブログでこんなふうにアレンジしてみたい とのこと。
名前の下に、各自で手書きのメッセージを入れる っていうアイディアです。

f:id:ilovewintergreen:20150906191944j:plain


いや~、寛子さん、ナイス! かなりいいですねー、これ。
昨日のブログからすぐにこうやって実行に移してくれる人がいる。

これって、まさに僕が求める「信頼性」 と「関係性」、
さらには「モノ売り・コト売り」が出来上がってる状態。

まったくもって嬉しいですねー。有難うございます!



僕も勝手に
名札のメッセージを想像しちゃいました。


例えば、
侑士くんと明奈だったら、

大谷侑士
「アルピニスト兼大道芸人です」



千絵と玲央だったら、

見浪千絵
「カナダ国旗の縦書きサイン」
「ディープなエロ話が大好き」
「ハイキング中にすかしっぺ」



清香と晴美さんだったら、
飯田清香
「田中さんから "清香ファン" だって言われました。いぇい!」「私たちのブログは見切り発車第一号です」



憲太郎と理奈子だったら、

村上憲太郎
「田中さんからオレより熱い男じゃん! って言われてます」「レイクオハラロッジ、ノリで予約しちゃいました(笑)」

 

すでに20人以上の参加が決定

さて、ブログで告知してから、
「参加しまーす!」の嬉しいメールが続々届いてます。

僕から改めてメールを送ります なんて言ったから、それを待ってる人もいるようだけど、参加したい気持ちのある人、是非是非、メールくださいね。


現時点での参加確定者 
記載漏れになってる人いたら、すぐに教えて。

関東地区
●岡田夫妻 ●ヒロさん・千里さん ●高梨夫妻 
●てっちゃんと未来の堀夫妻(てっちゃん未定) 
●憲太郎と理奈子の村上夫妻
●柴田さん ●きよみ ●佳子 
●カズ(田中の友だち) ●黒澤(田中の友だち)
●絵里子(未定と言わずに参加必須だぜー)

関西地区
●永田夫妻
●西山あっちゃん(田中の友だち 毎年必ず参加してくれてる)
●久美子 ●ナオ(まだまだ未定らしいけど参加してもらいたい)

 

そして、関東地区に参加だけど、
バンフでB&B を経営してる田中家の良き仲間 池田夫妻



さらに、田中が会いたかったアイツがやってくる!! LINE で連絡したら、即決で参加表明してくれた。LINE ってスバラシ! 知ってる人は強烈に知ってる、知らない人は是非、知って!(笑) あのコスプレ麻莉菜。 
f:id:ilovewintergreen:20150907062243j:plain



ロッキーの会、今年もかなり盛り上がりそうです(笑)



さらには、これも嬉しい「関係性」

以前、メルマガ配信では伝えてあるんだけど、僕の大学時代の親しい仲間である「甲斐」が、吉祥寺でコーヒーショップをオープンしたんです。


是非、足を運んでくれ と呼びかけてみたら、
早速、阿加那が立ち寄ってくれました。

そのとき、お店からLIVEで送ってくれた画像
f:id:ilovewintergreen:20150906215043j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150906215044j:plain


そして、ヒロさん・千里さんも別の日に。
f:id:ilovewintergreen:20150906215042j:plain



甲斐のことを知らないのに、田中に "立ち寄ってね" ~ って言われたから行ってみる。これも田中との信頼関係があるからこそ。 って信じてます。


コーヒーを飲みたいからそのお店に立ち寄るのではなく、田中さんの友だちのお店があるからコーヒーを飲みに行く。そこで新たな出会い(人やお店や雰囲気や)を体験し、普段は訪れることもあまりない、吉祥寺の街をぷらっとしてみて新鮮な想いになる。

それが僕の目指してる「コト売り」の原理です。

阿加那、ヒロさん・千里さん、ありがとー!
甲斐もありがとー!