カナダ トレッキング紀行

カナディアンロッキーで日本語ハイキングツアーを主宰する、個人ガイドの田中です。ツアーの様子や日々の遊びの記録。 http://www.ilovewintergreen.com/ お気軽にお問い合わせください

みんなの不安解消のために僕ができるたくさんのこと


またまた気付きとアイディアが出ましたぁ! 嬉しいからブログで報告です。



おはようございます、『遥かカナダ(彼方)を "身近なカナダ" に
Wintergreen の田中です。 http://www.ilovewintergreen.com/



オレが一緒だから絶対に楽しいよ。だから、安心して任せてくれ!

あの 0点先生、洋美が帰国後にくれた言葉。
f:id:ilovewintergreen:20150906095429j:plain

田中さんが返信メールで書いてくれた、
「オレのツアーは絶対楽しいよ! だから、一緒に遊ぼー!」って言葉が決め手でした。田中さんに会えて本当によかったー!! 一緒に歩いてくれて本当にありがとうございます!!



そして、来週やってくる久美子がくれた言葉。

 「どうなったとしても、絶対に楽しいよ。 だって、オレが一緒だから(笑) いや、これホントね。だから久美子、安心して任せておきなー」

なんて心強いメール!!
いやーー、頼もしすぎますよ。康一さん(*^^*)
全てお任せします!!!超たのしみ。

 

いや、今さらなんだけど、安心や不安解消の大切さを改めて感じたのが先週。そこから、またまた気付きがあり、新しいことを思いつきました。

今シーズンのWebサイトを作ったときにテーマとして掲げていたんだけど、実際に皆さんとメールを交わすと、やっぱり感じます、抱えてる不安を

装備や過ごし方のことを聞かれたら具体的にも言えるけど、「予報が悪いので心配です、晴れますように」 とか、 「寒さが増してくる時期なので、どうなるか不安です」とか、神様にしか分からないことを聞かれても、正直、どうすることも出来ないですよ(苦笑)

でも、間際になるとブルーになる人、多いんですよね。いざ出発を控えると、楽しみワクワクよりも、あれどうしよぉ・・・、これどうしたものかな? の不安が大きくなってしまう。田中に聞いたってどうにもならないこと分かってるのに、誰かに聞いてみたくてメールしてしまう。そして、期待する答えはホッとできる言葉。


だから、根拠もないけど、こう言います

どうなったとしても、絶対に楽しいよ。 
だって、田中が一緒だから(笑) いや、これホントね。だから安心して任せておきなー



さらなる安心と信頼関係を築くために、僕がすべきこと

間もなく、カレンダーは「シルバーウィーク」 今年は最大9日間のお休みが可能ってことで、僕なんかのとこにも予約が多い。

そして、予約してくれた人たちからの質問メール、出発を間近に控えて急増してます。出発直前の問い合わせ、そりゃー仕方ないよ。間際じゃないと準備する気にならないんだし。ロッキー旅行のために365日を過ごしているわけじゃないからね。ツアー続きだと「シンプルな返信」も増えてしまうけど、どうぞ勘弁してね。

 

 いざ出発を間近にすると、不安のほうが大きくなってきます。
些細なことでも構いません。日本出発前に解消できることはしちゃいましょう。

さて、昨日も、こんな不安そうなメールが届きました。これ、現地に住む僕らからすると、「んなわけないでしょー!」 って感覚になるんだけど、日本の人はいたって真剣。だから、僕も真剣に回答せねばです。 

ご無沙汰しております。
これからかなり冷え込みそうですが、寒い時のグローブは雪山用が必要でしょうか?薄手のゴアとインナーでもいけますか?また、登山道が凍った場合軽アイゼンとかは必要ないでしょうか?あとこんな時期も虫除けは必要ですか? 細くてすみません💦 雄大な大地がを楽しみに準備を始めております。よろしくお願いします。

 

 そして、返事を書きながら思ったことが。

*** 安心ワードを必ず入れること
●安心してね  ●ご安心を  ●大丈夫 ●分からなくて当然
●細かくないよー、みんな同じこと聞いてくるし。それがフツーだよ。

*** メールのタイトルを工夫すること
●「不安解消のために馳せ参じました」

*** ブログから参考になる過去記事を添付すること。 
●実際に同時期に参加した他の人の装備を見て、安心・参考にしてもらう。

今さらだけど、「改めての気付き」だよねぇ。
日々是気付き  相手視点



さらに、リピーターさんは要注意

「何度も来てるから」って勝手に安心しちゃうのは、現地で迎える僕らの思い込み。だって、10年来ていたとしても、所詮は年イチ。たったの10回。不安や知らないことはまだまだいっぱいあるはず。そこを間違ってはいけないよねー。



名前じゃなくって心に響くメッセージを

ネームプレートって知ってますよね? 店員さんとかが付けてるあれ。
f:id:ilovewintergreen:20150906095424j:plain


でも、なんだか名前だけだともったいないと思うのは僕だけ??

まして、こんなのはさらにモッタイナイ。 誰?? って感じ(笑)
f:id:ilovewintergreen:20150906095425j:plain


名前だけじゃなきく、
相手と心を通わすための、あったかい発信ツールにしてしまうのはどうかな?


例えば、

田中康一(たなか こういち)
  月に3回は山歩きをしてます 
  〇〇山の朝焼けに感動しました


田中康一(たなか こういち)〇〇歳
  マジで嫁さん探してます。
  どなたか紹介してください!


それがお客さんとの会話のきっかけになったり、
グーッと距離を縮めるツールとして十分に効果はあるはず。

こんなもステキですよ。
f:id:ilovewintergreen:20150906095426j:plain


「福井に帰省します」
「夏休み中、1日だけ家族と予定が合いましたので、その日はスペシャルデイにします」

季節毎や月毎で変えていくのも楽しい。



僕の場合だと何が出来るか考えてみたんだけど、
名前はもう分かってもらってるから、
相手の不安がなくなるような、安心できるような言葉を書き込む。 

手書きで。 

例えば、
f:id:ilovewintergreen:20150906095427j:plain


朝のお天気が青空じゃないときなんかは、
f:id:ilovewintergreen:20150906095428j:plain


しかも、ハイキング中に目に付くところといえば、ザックの後ろ。
一緒に歩いてるみんなは僕の後ろで僕の背中を見てるから。


これを付けることで、僕自身もその気になれる。
「相手視点」を常に考えることが出来る。

これも、この夏一緒に遊んだある人からの言葉がヒント

メッセージ入りの手書きプレート、ザックにぶら下げることにします。