読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナダ トレッキング紀行

カナディアンロッキーで日本語ハイキングツアーを主宰する、個人ガイドの田中です。ツアーの様子や日々の遊びの記録。 http://www.ilovewintergreen.com/ お気軽にお問い合わせください

雄大な景観だけが魅力じゃない、もっと心に残る安心感を伝えたい


こんにちわ、『遥かカナダ(彼方)を "身近なカナダ" に』 Wintergreen の田中です。 http://www.ilovewintergreen.com/ 


今日のブログは、「澄みきった水の流れ」を見ていて、改めて感じたことを綴ってます。



どうにも表現できないほど ^^;


今日、遊びに行った場所には、透き通った水がコース脇をずーっと流れていてね。
f:id:ilovewintergreen:20160403070539j:plain

もうね、とにかくその流れが澄みきってるんですよ。画像だけでは伝えられないのが本当に残念なんだけど、ため息が出るほどキレイすぎ。


「澄んでる」 「透通った」 
「清い」 「クリア」 「ピュア」 

上手く伝えられる表現ってないかな??
f:id:ilovewintergreen:20160403070543j:plain

f:id:ilovewintergreen:20160403070544j:plain

加えて、流れる音が心地よい。

ぶつかり合うような激しい流れじゃないから、優しくリズムを刻むような安堵の音って言えばいいのかな。



「伝えてる」と「伝わってる」の違い


そんな洗われるような流れを見て聞いているうちに、改めて思ったんですよね。

日本にいる人たちへの伝え方、もっと他にもあるはずじゃーないの?? って。


カナディアンロッキーの魅力って、何もデッカイ景色だけじゃない。目立つからダイナミックさだけを安易に伝えてしまいがちだけど、それだけで誘ってもダメ!

いや、もちろん今までも、そんなことは理解して実行もしてきたつもりだけど、まだまだ伝え方があるはず って思ったんですよねぇ・・・・

だって、「伝えてる」 と 「伝わってる」 はぜんぜん違うから。固定観念を捨てて、相手に伝わるような工夫を自分自身に仕掛けていかないと。

そのためにも、もっともっと「遊び相手」の何気ない声を拾わないと。表情を見逃さないようにしないと。しっかりアンテナ張らないとね! 伝えたい相手を特定の人にギューーーーーって絞り込む作業も必要。その人の生活にあるストレスや安堵を想像しやすくなるから。

試行錯誤は終わらないだろうけど、地味にコツコツと、何度でも。繰り返していくうちに見えてくるものもあるから。


いつか、澄んだ水の前に連れて行けるように。
f:id:ilovewintergreen:20160403070541j:plain