読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナダ トレッキング紀行

カナディアンロッキーで日本語ハイキングツアーを主宰する、個人ガイドの田中です。ツアーの様子や日々の遊びの記録。 http://www.ilovewintergreen.com/ お気軽にお問い合わせください

お天気が悪くてもロッキーが大好きになる理由


「お天気が悪い」という認識の違いを書いてみました。まだロッキーに来たことがない人たちのために。  2分くらいで読めます。


こんにちわ、『遥かカナダ(彼方)を "身近なカナダ" に』 Wintergreen の田中です。 http://www.ilovewintergreen.com/ 



カナダの「お天気悪い」→ 日本だと「単なる曇り」


3泊5日の「夜勤明けカナダ」を提案してくれた看護師の杉山さんからのメール→ 

冬遊びの皆さん達、お天気に恵まれていますね。お天気もすごくみかたしてくれてる! ブリザードなんて日はどうすごされているのでしょう。後ろ向きな質問でごめんなさい。

 


コレに対して、阿加那がとても頷けることを言ってくれました。

日本の山とロッキーでは「お天気悪い・・・ (-_-;) 」のレベルがまるで違う。日本は夏でも何も見えなくなるくらいお天気が崩れるけど、ロッキーは単なる曇り。景色もたくさんある。だから、青空じゃなくても楽しい!

f:id:ilovewintergreen:20160305124437j:plain

f:id:ilovewintergreen:20160305130649j:plain



そして夏は特に、

●湿度が高くてベタつく日本、
●ドライでサラサラのロッキー、
そんな両極端な気候だからこその理由。

日本は朝のお天気が悪かったら、そのまま1日中悪い状態。湿気があるから、水蒸気が停滞したまま。でも、ロッキーは乾燥してるからどんどん視界が広がっていく。カミナリが当たり前の日本だけど、ロッキーは稀。

f:id:ilovewintergreen:20160305124443j:plain

こんなステキな事実、なかなか知られてないよね。日本とカナダの両方を、いろんな季節で体験した阿加那の言葉だからこそ、説得力がありませんか?
f:id:ilovewintergreen:20160305124442j:plain



「お天気が悪い」の基準を日本の山のモノサシで計らなくていいよー ってこと。ロッキーを体験してないとイメージ出来ないとは思うけど、とにかく、安心してねー! っていうことです。

とはいえ、ロッキーのお天気は夏でも複雑。快晴かと思えば突然、雪が舞ってきたり、1日の温度差が20度以上になったり。

だから、いつも登山用の服装をお願いしてるのです。歩くコースは六甲や高尾山クラスでも、天候の変化は3,000m級。服装がしっかりしてれば、万が一の風雪でも寒波でもこんな笑顔になれますよ(^^♪
f:id:ilovewintergreen:20160305124439j:plain

f:id:ilovewintergreen:20160305124438j:plain



「装備は一生の思い出につながります」


→  真弓が言ってくれて言葉。とても共感できますね。

冬も夏も、ロッキーを満喫するためには必須です。
f:id:ilovewintergreen:20160213152654j:plain







LINEで 『 "いつでも身近なカナダ" 』 に! 
ロッキーの画像や最近の様子を田中が配信してます。
  ↓
Friends Added

「友だち追加」した人の情報は、管理人にも分からない仕組みになってます。トークでメッセージを送ってもらって、初めて正体が明らかに(笑) だから、気軽に追加してくださいね ♪