読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナダ トレッキング紀行

カナディアンロッキーで日本語ハイキングツアーを主宰する、個人ガイドの田中です。ツアーの様子や日々の遊びの記録。 http://www.ilovewintergreen.com/ お気軽にお問い合わせください

秘境と呼ばれたレイクオハラのさらなる秘境? 「リンダレイク」

 

カナディアンロッキーの秘境、「リンダレイク」って知ってる? 


知らんだろーなー、絶対(笑) 
だって、ぼくが勝手に秘境って名付けただけだから。(^-^;


じゃー、「レイクオハラ」っていう秘境は知ってる? 

たくさんの人が知ってるだろうし、行ったことある! って言うんだろうね。でも、「レイクオハラ」からどこを歩いたの? って聞いて、「リンダレイク」と答える人、どれくらいいるのかな? 5%くらい? いや、3%??(笑) 「レイクマッカーサー」や「レイクオエサ」がどうしても筆頭だからね。
f:id:ilovewintergreen:20160630160823j:plain



そんな地味ぃ~~~~~~~~な「リンダレイク」を表舞台に上げたくて、その魅力をブログに綴ってみたよー。だって、ホントに本当に癒されたから。何回も行きたいなぁ・・・ って思えるコースだったから。
f:id:ilovewintergreen:20160630160822j:plain

f:id:ilovewintergreen:20160630160825j:plain


近年急増している「レイクオハラ」リピーター。僕の「遊び仲間」でも、すでに10回以上を数える人だって少なくない。でも、ぼくがその魅力を知らずに誘うことはなかったねぇ。ごめんなさいm(__)m 

いつも利用してる 08:30/16:30 バスの組み合わせなら、余裕を持って味わえるから。次は絶対に行こうね!

やっぱ奥深い魅力が尽きないよね、「レイクオハラ」っていうエリアは。改めて素晴らしいところで遊ばせてもらってます。誰に言えばいいのか分からないけど、ありがとー!!



おはようございます、遥かカナダ(彼方)を "身近なカナダ" に 「カナディアンロッキーの遊び屋&ENJOYアドバイザー」、田中康一(たなか こういち)です。 http://www.ilovewintergreen.com/ 



水面(みなも)や流れに安堵できる人へ


もちろん、誰にでも紹介したいわけではない。きっと相性が合わない人も多いはず。じゃー、どんな人に向いてるかな? ぼくが勝手に思うのはこんな人たち。

①1か所にずーっと身を置いても、わずかな変化を敏感に楽しめる人?
f:id:ilovewintergreen:20160630160821j:plain

②緩やかな水の流れる音にもホッと出来る人 
f:id:ilovewintergreen:20160630160817j:plain


③水面(みなも)の揺れ具合や投影するなどの変化を待てる人?
f:id:ilovewintergreen:20160630160820j:plain

④木立ち(森)の中を合計1時間+1時間+0.5時間くらい歩いても、楽しい!って思える人
f:id:ilovewintergreen:20160630160819j:plain


我ながらセンスのない表現だけど、伝わってるかなぁ??・・・・(^-^;



いろんな角度と目線でリンダレイクを堪能


場所を変える、目線を変える、それだけで多彩な表情を見せてくれるのが「リンダレイク」 とにかく、あちこちから眺めてもらいたい。飽きることなんてないから。

この画像、すべてが「リンダレイク」 見る場所を変えただけ。周辺でたっぷり寄り道すべきだよね。
f:id:ilovewintergreen:20160630160829j:plain

f:id:ilovewintergreen:20160630160831j:plain

f:id:ilovewintergreen:20160630160832j:plain

f:id:ilovewintergreen:20160630160833j:plain

f:id:ilovewintergreen:20160630160821j:plain



心地良い音の流れがあちこちに


個人的にはこういうコース、大好きだよね! だって、水の流れる音がとても心地良い。 そんなポイントが何ヶ所もある。「リンダレイク」だけじゃなくて、その他の小さな湖水が周りにあるから、可愛い水路がたくさんあるんだよね。ポコポコの流れ、シャーーーー っていう流れ、時期によっても水量が違うから何度歩いても楽しそう。

今日は29度まで上がったから、裸足になってバシャバシャ! こういう時間もスゴク貴重だね!
f:id:ilovewintergreen:20160630160834j:plain

f:id:ilovewintergreen:20160630160836j:plain

この橋からの景色もスバラシイ!!
f:id:ilovewintergreen:20160630160835j:plain



個人で行こうとする人へ→ 時期と雪解けの状況を判断のうえ、誤解のないようにね


この日は6月7日。例年よりも1か月も雪解けが早いのに、ほとんど残雪なしで歩けてしまった・・・・ 例年通りならまだまだ雪だらけなので誤解のないようにね。

そして、例年よりも冬の積雪が少なかった年。だから、ぬかるみなどもほとんどなかったけど、例年だったらぐちゃぐちゃのところも多いと思われる時期。

6月は太陽の位置が高いけど、8月や9月だとどう光が射し込むのかな?? 場所によってはまるで違って見えるはず。だから、歩く時期によってはやっぱり鵜呑みにしないでね。ぼくがツアーで歩くとしても、7・8月に限定するかも。湖面の色がかなり変わってくるだろうから。


昨年9月下旬、丸山さん、ナオと初めて「リンダレイク」を歩いた日のブログ記事→ 


コース取りが今日とは違ったし、太陽光が射し込んでなかったから、ぼくの中でも印象は違ってる。メチャ寒かったし、寄り道もしすぎて時間配分が出来なかった・・・・ ふたりには迷惑をかけちゃったよねー。反省・・・・



自分のための 「まとめ」

 

①いつものツアーペースよりもサクサク歩く  ②09:30までにはキオスクを出発のこと  ③13:30までには岩場のランチポイントを出ること ④「オダレイ」の見える橋からキオスクまでは1時間。15:15には通過のこと  


長い樹林歩き、根が多い、岩が多くて歩きにくい、つまづく、足首、滑りやすい、諸々注意のこと!
f:id:ilovewintergreen:20160630160826j:plain

f:id:ilovewintergreen:20160630160828j:plain

f:id:ilovewintergreen:20160630160827j:plain



その他のひとり言
①テルハルを連れていくにはやっぱムリがあるかなぁ・・・・ 岩場は最高のテルハルPOINT ②野路さんもやっぱムリかなぁ・・・・(笑) 撮影に良さげなポイントが多いと思うんだけど。 野路さんが歩けたら、みんな歩けそう??(笑)









LINEで 『 "いつでも身近なカナダ" 』 に! 
ロッキーの画像や最近の様子を田中が配信してます。
  ↓
Friends Added

「友だち追加」した人の情報は、管理人にも分からない仕組みになってます。トークでメッセージを送ってもらって、初めて正体が明らかに(笑) だから、気軽に追加してくださいね ♪