読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナダ トレッキング紀行

カナディアンロッキーで日本語ハイキングツアーを主宰する、個人ガイドの田中です。ツアーの様子や日々の遊びの記録。 http://www.ilovewintergreen.com/ お気軽にお問い合わせください

「サンシャインメドウズ」が身近になる?


この夏は「サンシャインメドウズ」のハイキングツアーが増えるかも?  
f:id:ilovewintergreen:20160628144330j:plain

冬のスキーシーズンのみだった8人乗りゴンドラが、週末限定期間で運行するようです。予約制のシャトルバスだけでしか行けなかった場所だけど、選択肢が増えるのは有難いですね。
f:id:ilovewintergreen:20160628144327j:plain


★金曜~日曜のみの運行(カナダの祝日の場合は月曜日も) ★7/01~9/05まで ★09:00~18:00  ★ゴンドラ料金 $39(Standishリフト の追加購入は $13(いずれも、大人料金 5%税別)

詳細の英語ページ→ http://www.skibanff.com/sunshine-village-news/happy-canada-day-from-sunshine-village/



おはようございます、遥かカナダ(彼方)を "身近なカナダ" に 「カナディアンロッキーの遊び屋&ENJOYアドバイザー」、田中康一(たなか こういち)です。 http://www.ilovewintergreen.com/ 



ぼくのツアーの場合、ゴンドラ利用のプラス・マイナス


「サンシャインメドウズ」は、日本語関連の資料などでお馴染みのハイキングコース。標高差の緩い起伏は初心者?初級者?向けとして紹介され、夏のお花畑や秋の黄葉シーズンの見応えはたっぷりです。個人的には登り下りが多いと感じているので、歩き応えがあるとの認識なんだけどね(+_+) でも、秋の黄葉のときは出掛けたいなぁ!

ぼくなりに、どのようなプラス&マイナスがあるのか考えてみました。でも、あくまでも、ぼくの少人数ツアーを仮定とした場合です。個人山行の人は鵜呑みにしないでね。

利点1. ★予約不要でフラッと行ける
これは、ぼくにとってデカイです。だって、前日の予報でどのコースを歩くか決めたいから。既存のシャトルバス予約はどうしても空き状況が狭くなるので。当日の朝にWebcam で確認してから出掛ければ、尚良しだね→ http://www.skibanff.com/conditions/cams/


利点2. ★帰りのバス時間や空席を気にしなくても良い
シャトルバスの場合、「帰りのバス時間に合わせて、何時までにあのポイントを通過しなきゃ」とか、「間に合うけど、空席まだあるかな?」との懸念があるけど、ゴンドラ利用はその心配もなし。

利点3. ★最大8~9時間のハイキング
どれだけお花の写真撮影で粘ろうが、09:30~18:00まで可能。健脚な人は、12㎞くらいの大周遊コースを歩ける。レベルに応じたツアーが可能。
f:id:ilovewintergreen:20160628144332j:plain

f:id:ilovewintergreen:20160628144333j:plain




欠点1. ★毎日運行ではない・混み合う
連休中は言わずもがな、普通の土曜・日曜も混雑が必至。せめて、08:00AMから運行してくれたら、朝いちばんは空いてるのになぁ・・・ 

欠点2. ★黄葉時期は運行されず・・・・
9/05までしか運行されないってことは、ぼくのいちばん狙いたい黄葉時期に乗れないってこと。今までどおり、シャトルバスを予約しなきゃならない ってこと。う~ん・・・・ 残念! 



*まとめ*


ゴンドラ料金の $39(税別)を高いと思うかどうかは個人差。 中国人観光客を狙ってる意図も見え見えだけど、彼らはハイキングしないしね(^^♪ 

個人的には秋のあの澄んだ水の流れがとっても印象的なんだけど、7~8月はどうかな? 興味あるなぁ。
f:id:ilovewintergreen:20160628144335j:plain


ぼくの「遊び仲間」の皆さんで、サンシャインメドウに行った人は少ないし、行ったことある人には別コースで遊べちゃう。ゴンドラ乗り場近くで、こんな写真も撮れちゃうよ(*^^)v
f:id:ilovewintergreen:20160628144329j:plain


鈴木夫妻とか、佐藤夫妻とか、ヒロさん・千里さんとか、永田夫妻とか、近藤コーイチや奈津みたいな健脚な人たちなら、え?っていうプランも浮かぶから、想像するだけでワクワクするなぁ・・・・

7/01から再びロッキーに帰って来る、ナオとその後輩を連れていくのもアリかも。ナオ、どうかな?









LINEで 『 "いつでも身近なカナダ" 』 に! 
ロッキーの画像や最近の様子を田中が配信してます。
  ↓
Friends Added

「友だち追加」した人の情報は、管理人にも分からない仕組みになってます。トークでメッセージを送ってもらって、初めて正体が明らかに(笑) だから、気軽に追加してくださいね ♪