読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナダ トレッキング紀行

カナディアンロッキーで日本語ハイキングツアーを主宰する、個人ガイドの田中です。ツアーの様子や日々の遊びの記録。 http://www.ilovewintergreen.com/ お気軽にお問い合わせください

シリーズ④ 僕が売りたいのはハイキングツアーじゃないよ


僕がハイキングツアーやブログを通じて、その先も継続できる「未来のシアワセ」を売りたい っていう具体的なお話の続き。今回は「家族編

ロッキーで感動したり癒されたりするのは当たり前。僕が提供したいのはそんなことではなく、もっとその先の未来の、感動が継続されるシアワセのこと。


こんにちわ、『遥かカナダ(彼方)を "身近なカナダ" に

Wintergreen の田中です。 http://www.ilovewintergreen.com/



敬大の母、しほ美さんの場合

 

ハネムーンで訪れた思い出の地がロッキー。
25年経って、息子が連れてきてくれました。
次は孫に連れてきてもらえたら嬉しいな。


これって、間違いなく「未来のシアワセ」です。家族の絆がロッキーでのハイキングを通して強くなる。想像するだけで、誰もがシアワセになれます。僕が提供できたコトではないかもだけど、今後もそこに関わっていけたら嬉しいです。
f:id:ilovewintergreen:20150807045443j:plain



来年、卒寿を迎えるまりりんの母、みっちゃんの場合


みっちゃんにはたくさんの「孫」と「ひ孫」がいます。
87歳でロッキーを訪れてくれたときは、4日間の連日ハイキングでした。

その様子を僕がFacebook で発信。それを日本のあちこちにいる、孫やひ孫たちが見て元気をもらう。あるひ孫は、翌日のサッカー?の試合。外国で山歩きをする「ひいば」から刺激をもらって、試合に臨む。

「ひいば」がカナダで山歩き。ファミリーにとっては、ごっついエネルギー注入ですよね。
f:id:ilovewintergreen:20151116121144j:plain



最近、たくさんの人から言われました


田中さんのブログを読んで、親孝行しなきゃと思いました。元気だから、素直に感謝の気持ちを言えずにケンカばかり。お父さんのように入院してから優しくしても遅いですよね。
f:id:ilovewintergreen:20151107181927j:plain


この例はロッキーでのハイキングは無関係だけど、僕のブログを通じて「未来のシアワセ」を再確認しようとしてくれてる。家族の絆を深めようとしてくれてます。嬉しいですね。

だから、ブログも継続が必要。
ネタも別にロッキーじゃなくたっていい。個人的なことでもいい。
むしろ、個人的なことを書くから僕という人間を理解してもらえる。

カナダのハイキングツアーを買うのではなく、
カナダの田中から何かを買いたい って思ってくれたらそれがイチバンいいですよね。


あなたとあなたの家族のための「未来のシアワセ」、
一緒に育てていきたいな。