カナダ トレッキング紀行

カナディアンロッキーで日本語ハイキングツアーを主宰する、個人ガイドの田中です。ツアーの様子や日々の遊びの記録。 http://www.ilovewintergreen.com/ お気軽にお問い合わせください

憲太郎が熱く長々(笑)と綴ってくれたあの日のこと

憲太郎と理奈子を覚えてますか?


ほら、あの
●思いつきでレイクオハラロッジを予約しちゃった、
●3ヵ月半のハネムーン、
●「地球を感じる!」 また来年  ってカナダ国旗に書いた、
●「霞んでるけど心は晴れやか!」の名セリフを吐いた、


あの憲太郎と理奈子だよ。 前フリ長い!(笑)

長い旅行中に、その日あったことを綴って、
日本にいる仲間にLINE で毎回報告しているらしいんだけど、

(8月に遊んだ洋美や佳子も同じように LINE でツアーの様子を送ったって言ってたよなぁ。LINE、大活躍だ!)

あの日のロッキーの1日も、見事な表現で書き残してくれました。
本人たちにも許可もらったんで、是非、読んでみてー!

かなり長いけどね(笑)
赤字は僕の勝手なコメントね。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

DAY 81

Hi!

長文になりますが、ぜひお付き合いください

今日は特別な日でした
レイク・オハラのハイキングをしてきました 最強のガイド、田中さんと最高の1日を過ごしました


まだ新婚旅行でカナダに行くことが決まった時にガイドブックを買いました 「カナディアンロッキーに行ってハイキングをしなければ魅力の半分も味わえない」そう書かれてました 「ロッキーの研究を誰よりもしている その姿勢には脱帽」とオススメしてたのが、wintergreen田中さんでした

見つけてくれてありがとー! 
ちなみに、これがそのガイドブックだよ。

ホームページを見るとやたらと熱い!そしてハイキングに対する情報と知識がハンパない そしてレイク・オハラの写真を見た時、「ここに行かなきゃ」と思ったのを今でも覚えてます

レイク・オハラはカナディアンロッキーの中でも特別な場所です 専用のバスがあるのですが、予約制で1日40人しか入れません このバスのチケットを手に入れるのが至難の技 環境保護のため、入場制限をしているのです

田中さんのツアーは1日1組限定
その人に合わせたオリジナルプランを提案してくれます とても楽しみにしてました


そして迎えた今日、不安なことが2つありました
1つはりなさんの体調が最悪なこと もう1つは、アメリカで起きた山火事の影響で2日前から見渡す限り曇っていることです

AM 6:45 待ち合わせ
田中さんは笑顔で迎えてくれました
予想してましたが、話してわかりました めちゃくちゃ熱くて面倒くさい そう、僕と似てるんです 同じニオイがするなと思ってたけど、その通りでした そのまま伝えると、田中さんは笑ってました

今回の出会いは必然だぜよー、憲太郎!
お互いに良き刺激を感じたね。 

レイク・オハラに到着 するとロッジが並んでました ここは高級ロッジでなんと3食付 予約が困難とのこと というのもオンライン予約を受け付けてないんです つまり、直接ロッジに行かないと予約できない しかも抽選でリピーターが優先 祖父の代から通い続ける方もいるようで、ほとんどがリピーターのようです 12月まで予約のリクエストを受け付け、それを振り分けてホテルが日程を決めて打診します もちろん、予約がとれないこともあると

予約できるかわからないけどこんなチャンスもないねということで、リクエストしました 日程はロッジ側が決めるので、もし予約がとれたら仕事の状況を見て判断します

いよいよ散策
歩いてみて感じるのは、レイク・オハラはまったく雰囲気が違います 違う世界にやってきたような感覚があるんです 神聖な場所とされてるようですが、わかる気がします


りなさんはかなりしんどそうですが、バスの中よりは良さそう 後で聞いたんですが、冷えきってた体がロッジで温まって少し楽になったとのこと

このことは気付かずにとっても失礼した。
身体が冷えてたんだねぇ・・・ 完全に田中の失態。ごめんなさい。

レイク・オハラに始まり、5つの湖を回ろうと田中さんが提案してくれました 三脚を持ってきた僕の意を汲んでくれて、写真・動画を撮影しながら歩こうと 初の試みだそうです こまめに撮影してくれる田中さん、有り難かったなぁ

ブログにも書いたけど、
君たちだけのことを考えたら浮かんできたプランだよ。

急な坂を登る前にアドバイスが 歩幅を普段の1/3 にして、やる気のない感じでだらんと歩くと疲れないよと これが良かった ゆっくりだけど、想像よりずっと歩けました


湖は見る角度と光の当たり方で違う色に見えるようですが、その通り!展望スポットから見るオハラはまた違う青色できれいでした

そして湖に映り込む山々 絶景です
水彩画のような風景がそこにありました
しばらく進むと滝が間近に見える場所 迫力あります 近づくと水しぶきが気持ちいい

田中さんは常にりなさんを気遣ってくれました 血の気が引いた顔色が徐々に赤みを帯びてくのを見て安心しました

表情が穏やかになっていく様子を感じたよ。
ホント、よかった。
f:id:ilovewintergreen:20150911084616j:plain


この頃には天気が良くなり、霞んでた景色がクリアになってます ロッキーもりなさんの誕生日を祝ってくれてるんだと思いました 「ロッキーを味方につけたねー」と田中さん 嬉しかった

final destination レイク・オエサに到着 ここは・・最高です 一面に広がるエメラルドグリーンの湖、背後には存在感たっぷりの山々が こんな場所があるんだと
ここの魅力を伝えたいんですが、言葉になりません

りなさんが大きな岩の上で寝転びたいというのでやってみることに 身を任せるといいよと言われて試したらビックリ 岩に吸い込まれそうな感覚に 体中の悪いものが絞り出されるように力が抜けていきます 貴重な体験でした
f:id:ilovewintergreen:20150911084617j:plain


母が言ってた通り、地球を感じました
山を見ると地層が別れてます なんと5億年前のものだそう 太古の世界がそのまま残ってるんですね

帰りはあっという間でした 黄色くなった太陽が映し出すレイク・オハラはまた違う表情を見せてくれました

レイク・オハラ、不思議な唯一の魅力を持ったこの場所にまた来ると決めてさよならしました

田中さんは天気の悪い時は必ず山に入るそうです 天気が悪い時にいかに素晴らしいツアーにできるかを研究するために また同じ内容のツアーをしても全員満足させることはできないと だからこそどんな人なのか?を引き出すことがとても重要 特に当日会ってレイク・オハラまでの1時間で話して感じることを大切にしてると
とても勉強になったし共感することが多く、話が盛り上がりました

特に盛り上がったのは以下のシーン
ロッジに行くと決めたのは、直前のインスピレーションだったんだよと田中さん
僕もそういうインスピレーション大切にしてます たまにアイデアが降りてくるんですよ

「自分が天才だって思うことあるよな」「あります」
そう思ってるのは自分たちだけだとわかってるので、お許しください

やっぱオレたちみたいな異端児が世の中を変えていかねば。
異端児としての役割だ(笑)

「餅は餅屋 」ずっとそう信じてますが、どうせなら美味い餅屋で食べたい そういう意味で田中さんは「最高の餅屋」です カナディアンロッキーは素晴らしい場所です その中でもレイク・オハラは特別 地球上で行くべき場所TOP10に必ず入ります もし行かれる際は、wintergreen田中さんのツアーを強烈にオススメします 早速今日の模様をブログでアップしてくれたので、ご覧くださいhttp://ilovewintergreen.hatenablog.com/entry/2015/08/26/223000

りなさんは本当によくがんばりました これだけ体調が悪い時は1日ベッドで休まないといけないのですが、終日やりきりました 「来て良かったです」というりなさんの言葉が田中さんは一番嬉しかったようです

ホント、あの言葉は身に染みた。ありがとう、理奈子。

誕生日にプレゼントしたいと思ってたレイク・オハラ、一生忘れない2人の思い出になりました
f:id:ilovewintergreen:20150911084615j:plain



やっぱ、長いな(笑)
でも憲太郎、いい文章書くわなー。 ガンコで熱いくせに、表現がとっても柔らかい。 羨ましい・・・・・(笑)




憲太郎と理奈子も「ロッキーの会 関東編」に参加してくれます。会場で彼らを見かけたら声を掛けてあげてね!f:id:ilovewintergreen:20150911084614j:plain