カナダ トレッキング紀行

カナディアンロッキーで日本語ハイキングツアーを主宰する、個人ガイドの田中です。ツアーの様子や日々の遊びの記録。 http://www.ilovewintergreen.com/ お気軽にお問い合わせください

洋美が書いてくれたあの日のこと


8/09に一緒に遊んだ、洋美のこと、覚えてますか?

そう、中学1年の英語の教科書に載っていたレイクルイーズに憧れ、
そのご対面の夢を叶えた、不思議で愛しい? 英語の先生、洋美のことね。



彼女がフェイスブックにその感想を綴ってくれたんだけど、
これが、まー、あの日のテンションそのまま活字になったみたいな勢い。

かなり長いよー!(笑)

僕はブログを書き始めて10年経ったけど、
一緒に遊んだ皆さんのブログとかに書いてもらったことは数える程度。

まぁ、みんながSNSを駆使してるわけではないので当たり前なんだけど。
でも、今回の洋美の記事は嬉しかったし楽しかったので、
本人の許可をもらって、画像と一緒にブログに掲載させてもらいます。

本当は、そのフェイスブックに集まったお友だちからのコメントも載せたいくらい楽しいんだけど、それは自分だけで笑っておきます。

赤字は田中からの反論その他ね。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

今回のステイも残すところあと2日。しばしバンフでの思い出に戻り…
*・・*:.。.:*・カナダ初日ハイキングレポ・*:.。.:*・・*

9/Aug/2015 (長文です)

私の出国前の超焦った問い合わせメールをちゃんと読んでくれて、
ちゃんと返事をくれて、なおかつこんな間際なのに、

成田やバンクーバー空港からのメールが14通って、バタバタすぎるでしょ(笑)

よくもわからない見ず知らずの私に
「一緒に遊ぼー!」って気さくに声をかけてくれて、
奇跡が奇跡を生んで可能になった今回の田中さんとのドタバタハイキング、笑。

それは早朝のホテルでの出迎えからとーってもインパクト強く始まりました。

だって初めて会ったのに、
私の顔見るなり、「こんにちは、よく来たね」って
ニッコリ手を差し出してくれるんだもん。そんなガイドさん他にいない!笑

いや、オレはいつもそうやってるけど・・・
でも、爽やかだね、オレって!(笑)

f:id:ilovewintergreen:20150824002504j:plain


改めて、”遊び仲間" の意味を初めて実感(*^^*)
あ、優しそうってホッとしたのも束の間、

「ナップサックってそれかー!」っていきなり突っ込まれ、
「ご、、、ごめんなさいΣ(・□・;)」みたいな。

ナップサックはダメでしょ。
それで来たかったけど、ちゃんと揃えてきてくれた皆さんに申し訳ない。
f:id:ilovewintergreen:20150824002507j:plain


そしていきなり始まるホテルロビーでの持ち物チェック、
とりあえず全部出せ的な(^^;;

でも一応必要最低限のものはちゃんと入れてあったので
なんとか許してもらえました、笑
優しいんだか厳しいんだか、笑

まぁ、なんかあっても、
田中の所持品でなんとかなるかな? って感じだったから。

そしていざレイクルイーズに向けて出発ー!

ってハイウェイに乗ったとたん視界が開ける山!山!山!
きゃー!何これー!(≧∇≦)って一気に急上昇した私のテンションは
その後夕方までほぼ一切下がることなく、笑。
f:id:ilovewintergreen:20150824002456j:plain


かなりやかましかったねー、車内は(笑)

だってね、すごいんだよ、
見たこともないようなスケールの山がね延々と連なってるんだよ、
そして私は初めて「山脈」ってこういうのを言うんだなって実感しました。

そりゃ日本にも山脈はあるけどね、規模が比べ物にならない!
そして、キャッスルマウンテンが近づいてきたらもうテンションMAX、
キャー!何あれー!
何であんな形になるのー!
すごーい!すごすぎるー!!
f:id:ilovewintergreen:20150824002503j:plain


…はい、私たちまだ自己紹介もろくにしてません(^^;;
でもそれどころではない私、

助手席で騒ぎまくり連写しまくり、
そしてその様子を「落ち着け、止まってやるから落ち着け」と
動画撮影しようとする田中さん、笑。
f:id:ilovewintergreen:20150814042820j:plain


ほんとは朝早いから、途中でカフェ寄って
サンドイッチでも買って車内で食べてもいいよって
前日に言われてたんだけど、

もしサンドイッチなんか食べていようものなら
完璧に車内でサンドイッチ吹っ飛ばしてましたね、

とてもそんなの悠長に食べてる場合じゃなかったし( ̄▽ ̄)

岩肌が荒々しく迫ってきそうな地形を見ながら、
ブログ参照の方はご存知の「ロッキー=岩」のくだり。

というか私はね、「ロッキー山脈」っていうのを
完全に固有名詞として覚えてましたからね、「明石山脈」的な感じで。

完全にカタカナで覚えてたから、
Rockyに全く結びついてなかったというこのバカさ加減。
はい、私、英語教師です( ´ ▽ ` )ノ

これがホントなら、かなり唖然・・・ですわ(笑)

ま、それはいいとして。念願のレイクルイーズ(o^^o)

ここでもまた、はやる気持ちがとどまらない、
けど早朝のひんやりした湖畔の空気が少しは落ち着かせてくれたかな。
ほんとキレー!
f:id:ilovewintergreen:20150824002505j:plain


今回のハイキングはこのレイクルイーズの湖畔から始まり、
その後ろにそびえ立つビッグビーハイブ(大きな蜂蜜…
いや、蜂の巣、言い間違えただけだよ…?(ー ー;) )の山頂を目指すコースだそう。

…ってか田中さん、あそこの上行くんですか?( ̄O ̄;)
道無さそうなんですけど…
f:id:ilovewintergreen:20150824002508j:plain


ってか断崖絶壁にしか見えないんですけど…

という疑問にも「大丈夫大丈夫」とニヤリするだけ。

真正面から眺めてた時は断崖絶壁だったけど、
その後ろにはなだらかな鯨の背のような斜面が広がっていました。
(ホッ。あ、後ろにはこんな坂があったのね)

田中さん、バンフ国立公園の専任ガイドなのに実は高所恐怖症。
滝の上に来なかったし、笑。
そしてもっとびっくりなのは花が好きなんだって。
え?花?嘘でしょう。でもちゃんと高山植物の本まで出版してました*\(^o^)/*

なんで嘘でしょー なのか??(笑)

そして朝ごはんを少ししか食べてなかった私は早々にもお腹が減り、
「田中さん、お腹減ったー!」
「もう?」みたいな( ̄▽ ̄) ということでちょっと早めのランチタイム。

このツアーの嬉しい特典は、
ツアーに参加すると田中さんの奥さんのまごころランチ付きってこと。

愛情たっぷりだぜい!

日本人好みの野菜もたっぷりの美味しいサンドイッチと
チェリー、スナック、ジュースもついて、わーいわーい(*^^*)
f:id:ilovewintergreen:20150824002506j:plain


レイクアグネスの湖畔で丁度よい岩場を見つけて、
サンドイッチを頬張ろうとしたのも束の間…
はっ!Σ(・□・;)リスが!!
あっちにもこっちにも!そしてナキウサギまで!
f:id:ilovewintergreen:20150824002459j:plain


そんな可愛い動物たちがひょこひょこ岩と岩の隙間から顔を出すので、
当然シャッターチャンスを逃すはずもなく、
当然私のテンションも再び急上昇し?…あれ?また?…ちょっと( ̄▽ ̄)

どうもこのツアーはサンドイッチさえも
落ち着いて食べさせてもらえないらしい、笑。

ランチの後は鯨の背をジグザグにゆっくりゆっくり登って行って、
ついにビッグビーハイブのピークに。
段々目下に水色に輝くレイクルイーズが見え始めたら
またまたテンションが…(^^;;
やばい…!やばい…!って言いながら、カメラ触ってたら、
「落ち着け、カメラは後だ、まずは歩け、危ない」って。
はい、了解。

ついに断崖絶壁の上まで来ましたー!
キャー!湖の色がキレイ(≧∇≦)
そしてフェアモント・シャトー・レイク・ルイーズ(湖畔のお城のようなホテル)もあんなに小さい!カヌーもあんなに小さい!

f:id:ilovewintergreen:20150824002502j:plain


そして上まで来たら、
湖の左右に広がる山脈が悠々と連なっているのが遠くの方まで見えて、
岩肌に残る氷河もすごい目前に迫ってきてて、
テンションMAXー!(≧∇≦)キャー‼︎

山頂ではメイプルなんとか入れてもらったよ、甘くて美味しかった(*^^*)

「メープルティー」だよ。 メイプルなんとか ってなんだよ!!(笑)
美味い!って言ってたくせに。


そしてカナダの国旗を持って記念撮影、
うまいアングルで撮れず何回も再チャレンジしました、
崖っぷちで、笑。危ない。
f:id:ilovewintergreen:20150824002511j:plain

レイクルイーズ、隠れて見えないし・・・ NG


そして田中さん、休憩中にまさかの水筒の蓋を下に落とすっていう。
カランカランカランって転がっていったのを目で追いながらも
私たちどうすることも出来ず。「あ…」みたいな。
まぁ、人じゃなくて良かった。

それから下りでは、
いつも私を悩ます親指の爪の痛みを軽減する靴紐のしっかりした結び方を教えてもらい、すっごくタメになりました(*^^)v
いつも親指が靴の爪先に当たって爪が死んだり剥がれたりしてたから、
これで登山をするときに唯一私を悩ます不安というか種がなくなりました。
嬉しい\(^o^)/*

これでもガイドですから。

あ、あと、ツアー中の腑に落ちないコメント。
ツアー前のメールやり取りで、
どうも私が登山経験があるか、装備があるか、
田中さんに信じてもらえない感たっぷりだったんで、送った写真。
f:id:ilovewintergreen:20150824002509j:plain


あれ見て今日、「これ、ほんとに同一人物?」って…。
どういう意味じゃー‼︎Σ(゚д゚lll)失礼な…(ー ー;)


可愛い子が来るって友達に自慢しようとしてたらしいけど、
どうやら実物(正面から見た顔)を見たらイマイチだったらしい(°_°)ひどっ!!

まだ会う前の画像が、
井上さん って人の好みかも? って思ったから彼に見せたくてね(笑)

そして同一人物か証明するために後ろから全く同じアングルで
何度も写真を撮らされる羽目に。「もうちょっと左、顎引いて」とか、細かい、笑
f:id:ilovewintergreen:20150824002500j:plain

同一人物??

そんなこんなで道中もとーっても楽しく過ぎた約7時間のハイキング。
出発地点のレイクルイーズに戻ってきて、
もう一回2人で記念写真撮っとこーって言ってスタンバイしたら…?

まさかこの時はこの後事件が起こるとは思ってもいなかった。
自撮りしようと後ろに下がったら、なんと落ちた(ー ー;)

散歩道の横のちょっとした崖に。そして腰強打…>_<…激痛…>_<…。
まさかのまさか、最後の最後で、
しかも念願のレイクルイーズで悲劇が起こるとは…>_<…
f:id:ilovewintergreen:20150824002510j:plain


でもこの後の田中さんのフォローはナイスだった。
しばらく落ちたショックと痛みで無言だった私をすぐベンチに座らせてくれ、
簡単な怪我のチェック、あと言葉のフォロー。
「良かったよ、ビッグビーハイブの上じゃなくて」
いや、あそこから落ちてたら死んでますから!笑。

首、打ってなくてヨカッター・・・・
エアーサロンパス、やっぱ渡せばヨカッタよ。それだけ後悔。

あー、もうほんとに面白くて楽しくてハチャメチャな1日だったけど
すっごく楽しかった‼︎

帰りの車に乗ったら一秒で頭ガクン。
田中さん、私言ってなかったけど実は徹夜だったのー!;^_^A
怒られると思って3時間くらいは寝たって嘘ついたけど、笑。

そういうことは正直に言いなさい。大事なことでしょ。

カナダに着いて、明日何がいるかな?
これもいるかな?あれもいるかな?って用意してたら、
段々目が爛々してきて結局最後まで寝つけれなかった。

どうも私は登山前日は興奮して寝れなくなる体質らしい。
以後気をつけます( ̄^ ̄)ゞ

楽しかったカナダもあと2日。
これまで10日間、毎日色んなことをめいっぱい楽しんできたけど、
間違いなくこの日が一番楽しかったって言えます(o^^o)
f:id:ilovewintergreen:20150824002512j:plain


長い・・・・(笑)
でも、どうもありがとう。
これは嬉しい投稿だね。感謝!