読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナダ トレッキング紀行

カナディアンロッキーで日本語ハイキングツアーを主宰する、個人ガイドの田中です。ツアーの様子や日々の遊びの記録。 http://www.ilovewintergreen.com/ お気軽にお問い合わせください

12/30~1/02 お帰り!阿加那

こんにちわ、ブログの管理者、Wintergreen の田中です。
http://www.ilovewintergreen.com/

 

あの阿加那が帰ってきた! ナント、2014年度はこれが3度目。
トータルでも、わずか1年4ヶ月で合計4度目となるカナディアンロッキー。
ビジネストリップでもないのに(笑)

 

夏のロッキー貯金を冬にまわします!

今回は彼女がずっと憧れていた「冬のカナディアンロッキー」
どんな4日間になったのかというと、
f:id:ilovewintergreen:20150103063839j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103063837j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103063834j:plain

私、冬に長期滞在してみたい!
夏のロッキー再訪をやめて、その費用を貯めます!!

 

新たな欲? 野望?が宿ってしまったみたい(笑)
いや、もともとの潜在感性が、冬ロッキーに刺激されて体内から飛び出してきたか??(笑)
f:id:ilovewintergreen:20150103063835j:plain

「寒さが苦手!」って言う人、このブログ記事を読んだら、冬の概念が変わるかも。
「冬ロッキー」に少しでも興味のある人、彼女の様子が背中を押してくれるかも。
次にこの冬景色を見上げているのは、あなたかもしれません(笑)

高梨夫妻、落合美紀子さん、読んでくれてますか??(笑)
f:id:ilovewintergreen:20150103063842j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103063841j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103063840j:plain

 

「的を得た」名言集

阿加那の帰省を歓迎するかのように、現地はこの冬3度目の寒波襲来(笑)
12/29(到着日) 最高気温 マイナス14.6℃  最低気温 マイナス24.9℃

12/30の体感温度はマイナス32℃まで下がったけど、彼女の感想は、

寒い! じゃなくて、『冷たい』 

これ、上手い表現かも。
都市圏のビル街などで感じる、"底冷え" や "締め付けられるような寒さ" とは別ものだから。
f:id:ilovewintergreen:20150103063843j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103063844j:plain

そして、気温が上がった翌日以降、
12/31  最高 -9.7℃  最低 -16.8℃
1/01  最高 -2.7℃  最低 -11.1℃
1/02  最高 -5.8℃  最低 -16.2℃

ちっとも寒くない!」と清々しい笑顔の阿加那(笑)

理解し難いでしょうが、それだけ寒さの質が日本とは違うっていうこと。
もちろん、防寒対策としての装備は不可欠なんだけど。
f:id:ilovewintergreen:20150103063838j:plain

さらには、この言葉にも説得力があります。

雪が降ってるのに、ぜんぜん濡れませんね。気持ちいいです。

ボタボタ落ちてくる雪ではなく、乾いた結晶が舞ってくる感じ。
f:id:ilovewintergreen:20150103063836j:plain

そして、極めつけはこれ。

室内用として、もこもこソックスとシルクの「冷えとり靴下」を持ってきたけど、使う必要がないほどあったかい! フリースも部屋では着てませんよ。

カナダの家やホテルのお部屋が、日本よりもずーっと暖かいってことが分かる名言でしょ?
暖房の利き具合や人によって感覚は異なるのでしょうが。

現地に住む僕らには当たり前で、すでに忘れてしまった感覚だから、彼女の感想すべてが勉強になります。「冬ロッキー」に興味がある人にはこんなふうに伝えれば良いのかも。

 

追記(1/04) 帰国直後の阿加那からのメールより

東京は5度、寒いんですけど。。(笑)
この感覚ですね~(笑) 是非、他の人にも体験してもらいたい。

 

 

超早期手配、骨折、諦めを経ての再訪

今回の日程を決めて航空券を手配したのは、ナント、6月上旬!
夏の予定すら決められない人だってたくさんの時期に、阿加那はすでに冬の計画(笑)

ちなみに、燃油込みで14万円くらい(成田発着)
冬に計画してみたい人、早い時期に決められたら、年末年始でもかなりお得です。
彼女のスゴイところは、とことん調べて節約する方法を見つける努力を怠らないところ。
いつもながら感心します。

が、しかし! 11/10に届いたメールがこれ。

実は一昨日骨折しました(^_^;)  ダサすぎです(笑) 執念で治します。。

アホじゃ!(笑)

そして、ギブスが取れたのが1ヵ月後。出発まで4週間という間際でした。
足首が曲げられない、固定による筋力と体力の低下、腫れや痛みが再発することへの懸念、不安が膨らみすぎた阿加那からキャンセルの相談も受けましたが、ドライブだけでも良いのでは? ってことで、背中を押してみました。だって、あんなに憧れていた冬のロッキーなんだから。

 

12/30 5人で賑やかに!

どれだけ歩けるのか未知数なので、試し歩きをしに「ジョンソンレイク」へ。
平坦な湖面あり、斜面ありなので、様子を見るには最適な場所です。
f:id:ilovewintergreen:20150103063847j:plain

今日は火曜日なので啓子も同行。阿加那との再会を心待ちにしていたひとりです。
そして、阿加那が滞在しているB&Bのオーナー、ヤスと陽子も一緒に。
f:id:ilovewintergreen:20150103063850j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103063848j:plain

10月にロッキーを訪れた際、このB&Bに初めて泊まった阿加那、
極上のおもてなしとふたりの人柄に惚れ込んでのリピートです。皆さんにも是非お勧め!

f:id:ilovewintergreen:20150103063851j:plain

まつ毛も凍るほど冷えた今日。アドレナリンいっぱいの阿加那にはそれすらも嬉しい感覚。 
ニコニコ&にやにや。気持ち悪いほど笑ってる(笑)
f:id:ilovewintergreen:20150103063846j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103063849j:plain

それでも凍傷の危険性があるので、
なるべく日当たりの良い場所を選んだり、ランチはB&Bに戻って暖をしっかり取ったりと、
リスク対策は不可欠です。

 

12/31 冬だからこそカナナスキス

昨日が冷えすぎたので、今日はロッキーの中でも比較的暖かいカナナスキスへ。
踏み固められたスノーシューのコースを利用しての「軽ハイク」
f:id:ilovewintergreen:20150103104720j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103104712j:plain

滑り止めの簡易スパイクを着けて、万が一のケガに備えます。
f:id:ilovewintergreen:20150103104721j:plain

針葉樹が大好き! 「針葉樹フェチ」の阿加那は、雪の乗った樹々に大興奮!

だってぇ~、ステキじゃないですか、この雰囲気。

f:id:ilovewintergreen:20150103104723j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103104716j:plain

「フロストフラワー」
氷上のわずかな突起に、周りの水分が付着して夜から朝にかけて育つ「霜のお花たち」
太陽光が当たると消えてしまうので、晴天で放射冷却が続いたときだけの、価値ある神秘!
f:id:ilovewintergreen:20150103104714j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103104715j:plain

ランチは太陽子を浴びながら。陽射しがキツイからポカポカ。手袋なしでも平気です。
f:id:ilovewintergreen:20150103104718j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103104719j:plain

足首に負担がかからない程度に、少しだけスノーシューも試してもらいました。
だって、極上の新雪だったから。 やらなきゃ、もったいないでしょ。
f:id:ilovewintergreen:20150103104724j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103104726j:plain

田中さ~ん、絵が描けますよぉ!

 f:id:ilovewintergreen:20150103104727j:plain

お前、それ、絵じゃなくて "字" だろが??
f:id:ilovewintergreen:20150103104728j:plain

 Mt.アシニボインとも初めてのご対面。うれしい出会いだったね。
f:id:ilovewintergreen:20150103145756j:plain

 

1/01 再びカナナスキス

今日もカナナスキスへ。 是非とも連れて行きたかった「チェスターレイク」へ。
f:id:ilovewintergreen:20150103104735j:plain

往復9kmのアップダウンも、今の阿加那なら大丈夫!との判断。急斜面もクリア。
f:id:ilovewintergreen:20150103104738j:plain

2015年、記念すべきカナダ国旗へのサイン第一号!
f:id:ilovewintergreen:20150103104736j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103063835j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103104737j:plain

放射冷却の影響でお馴染みの、Surface Hoar(表面霜)
f:id:ilovewintergreen:20150103104733j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103104732j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103104731j:plain

今日のランチも手袋なしで快適! やっぱりカナナスキスは暖かくて助かるね。
f:id:ilovewintergreen:20150103104734j:plain

彼女の足首の様子を伺いながらも、結局 2日間で14km も歩いちゃった(笑)

まだまだ歩けそうな気分! 骨折の後だけど気持ち良いですね。


どんなリハビリよりも、ロッキーを歩くことがなによりの治療みたい。
さすがは「重度のロッキー病 」だなぁ(笑)
f:id:ilovewintergreen:20150103104739j:plain

 

今日の装備一覧

肌に近いほうから、
①ドライレイヤー(Finetrack製品)
②ミッドレイヤー(ストレッチ性・速乾性に長けたPOLARTEC素材)
③ミッドレイヤー(Finetrack製品)
④450gの軽量ハードシェル(モンベル製品)
⑤足のカイロ(貼るタイプ)
⑥ニット帽 2枚重ね→ 途中から1枚に
⑦ダウンジャケット→ ザックに収納したまま1度も使わず
⑧グローブ 冬山用の厚手タイプ→ 途中からインナーグローブのみ

レイヤリングは、「暑くない・寒くない」の快適状態を保つための重ね着。
気温を含む今日のコンディションは、阿加那にとって「暑い!」になったようで、
「田中さん、私、脱いでもいいですか?」 のキワドイ発言??(笑)
何度も立ち止まっては着る順番を入れ替え。上手に対応してましたよ。
f:id:ilovewintergreen:20150103104740j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103104741j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103104743j:plain

最後は、これ以上脱げない!って言いながら、お腹回りをめくってバタバタ扇ぎ始めた(笑)
ブログ掲載は "恥ずかしい" と言いながらも、
「どーせ田中さんのブログだから勝手に載せられちゃうんでしょ」 と納得??(笑)
f:id:ilovewintergreen:20150103104742j:plain

 

1/02 ジョンストンキャニオン&レイクルイーズ

最終日も冬のお勧めコース、
「ジョンストンキャニオン」の軽ハイク(5.4km)とレイクルイーズの下車観光。

"大型動物" 大好き!の阿加那、行きの道中に♂のエルクが迎えてくれて大興奮!
f:id:ilovewintergreen:20150103104744j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103104745j:plain

ジョンストンキャニオンでは、「これが見たかったんですぅ~!」とアイスクライミングの
風景にうっとり。
f:id:ilovewintergreen:20150103104751j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103104750j:plain

ゆっくりランチも含めて3.5時間。神秘的な渓谷歩きを初体験。
f:id:ilovewintergreen:20150103104746j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103104747j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103104754j:plain

針葉樹林に囲まれた雪景色の道路も、たまらない魅力らしい。
車中からも感嘆詞がいっぱいの阿加那、ワクワクする時間がいっぱいだね。
f:id:ilovewintergreen:20150103104755j:plain

そして、旅の〆は『レイクルイーズ』 晴れてないのに阿加那は大興奮!! 
f:id:ilovewintergreen:20150103104801j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103104757j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103104759j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103104758j:plain

私、こういう雰囲気が大好きなんですぅ~! まさに、求めていた風景。
次回はレイクルイーズに泊まって好きなだけこの空間に身を置きたいです。

部屋から眺めたり、好きなときに湖面へ出掛けたり。いちばん端まで何度でも歩きたい。


晴れてないとか寒いとか、彼女にはまるで関係なし。いや、そんなことは何も感じてない。
ロッキーのすべてが大好き! だからすべてが心地よい。ステキすぎる。それが彼女の本音。
f:id:ilovewintergreen:20150103104756j:plain

「夏のロッキー再訪を止めにして、その分の費用を冬の長期滞在に充てたい」とまで言った
阿加那。田中にとっては予想外も、阿加那には次回へ繋がる好スタートでしょ。
いやはや、スゴイ結末だなぁ(笑)

そして、こんなにもロッキーが好きだという純粋な気持ち。いつまでも大切にしなよ。

最後は、いつまでもいつまでも名残惜しそうに、レイクルイーズを振り返る阿加那。
大丈夫、また迎えてくれるよ。
f:id:ilovewintergreen:20150103104800j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103104802j:plain


憧れの冬ロッキーをどっぷり受け止めた阿加那。直前の骨折という事態で不安だったろうけど、
やっぱり来て大正解だったね。ホント、良かったな、阿加那。
しばらくはニヤニヤしながら過ごすんだろうけど、集中力を欠いてケガしないように(笑)

君に刺激されて、冬のロッキーを訪れる人が増えるといいな。
どうでしたか? 高梨由美さん、そして、落合美紀子さん。

皆さんのお越しもお待ちしています。

気になるであろう、お手洗いのこと

冬、行ってみたいけどお手洗いは皆さんどうしてるの??
特に女性には気になるポイント。

今回の阿加那はアドレナリン全開??((笑))でトイレのこともすっかり忘れていたかも
なんだけど、寒いときには当然、トイレも近くなる。
リズムが変わる海外では、便秘になっちゃう人だっているはず。

パーキングにトイレはあっても、コース途中にはナシっていうのは夏のハイキングと同じ。
たっぷり着込んだ場合には、用を足すにもひと苦労??(笑) いや、これホント。
でも、トイレのことばかりを気にしていると、注意力が散漫になってケガに繋がることもあり。

対策としては、「冷え」を避ける工夫を。

①お腹や背中、足先にカイロを貼る。
②歩くときは、お水ではなくお湯を飲む。
  「サーモス」など保温力の高いものは重宝する。
③「ダウンパンツ」を履くと下半身が冷えない。
④ランチのときは雪面に座るので、お尻を冷やさないような保温マットは必須。


それでも、冬のマイナスイメージ、
少しずつでもなくなってくれる工夫を考えていかなきゃね。
今回は阿加那からたくさんのことを気付かせてもらいました。ありがとう。
f:id:ilovewintergreen:20150103063841j:plain

フリーズドライのお土産もいっぱいありがとう。キャンプの楽しみにさせてもらうよ。
「服部さんお勧め」のカレーに期待大(笑)
f:id:ilovewintergreen:20150103104803j:plain

f:id:ilovewintergreen:20150103104804j:plain